[イベントのおしらせ]12/15〜20「ともしび ろうそくと写真」関口文子・長尾契子 二人展@ego

祝いと食卓 リトルプレス 1/f(エフブンノイチ)vol.3

¥ 748

*Tax included.

*Limit of 20 per order.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • Letter-Pack

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY
  • Nonstandard‐size Mail

    This shipping method cannot have the delivery status and guarantee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 5,000JPY will be free.

Report

1/f 2016 December vol.3
This special feature

「祝いと食卓」

「誕生日にはケーキ」「新年にはおせち」など
お祝いごとにはいつも食卓の風景が一緒
その習慣やかたちは 人それぞれ

いろいろな場所から
祝いの風景を切り取ったとき
食卓はどんな表情を見せているのでしょう
両者のすてきな関係を見つめてみました

ーさまざまな祝いと食卓のかたちを眺めてー

contents

♦あの味をもう一度
 ―食卓の記憶、父と母のおもかげ

バッケージデザイナーだった、多才で、頑固で、いなせな父。
下町のべらんめえなほがらかさと人情で温かく支えてくれた母。
緑深い森の家には大きな木のテーブルがあって
5人の子どもたちと囲む食卓はまるで礼儀作法の道場みたいだったー
あれから、60年余。
おふくろの味を再現し、兄弟たちと味わうひととき。
昭和の高度経済期を支えた商業美術家、大高重治(おおたかしげじ)とその家族の
懐かしい食卓の追憶がはじまる

♦わたしの祝いのかたち。
国分寺クッキーミュージック 鈴木容子

いつの間にか「クッキーミュージック」という
祝いのスタイルが定着していた。
それは日々の中で突然起こる、自分へのお祝いの名前。
ちょっぴり不思議な習慣を懐かしの地、東京・国分寺で振り返る。
マイソング、お鷹の道、思い出の純喫茶…
随想さんぽのはじまり、はじまり。

♦追考談話室
作品から見る「祝いと食卓」のかたち
・祝いー食卓と厨房からの眺め
『バベットの晩餐会』より イサク・ディーネセン著
・スックとバディーのフルーツケーキ
『クリスマスの思い出』より トルーマン・カポーティ著

・Friday Night Sweets and Drinks
・ひとりたび 広島県 尾道市
・おばあちゃんの祝いのおかし
 きらきらドーナツのつくり方   ほか


●内容の向上のために
ぜひ、読者さまのショップレビューをお願いします。

・【Thanks very much】内容向上のために
商品がお手元に届きましたら、ぜひショップレビューをお願いします。
#リトルプレス #zine #本

Reviews of this shop